ニキビ

市販薬も効かない?ニキビの段階とはっ!ニキビ痕の治し方で試したい方法っ!

2016/06/30

ニキビ顔なんて見られたくない!

 icon-check-square-o 頰に残ったニキビ跡って、どうすれば消せるの?

 icon-check-square-o あまりにニキビがひどすぎて、マスクして学校に通わないといけない!
好きな人にこんなニキビ顔見られたくないっ

 icon-file 今回のテーマはニキビです!

目次:
■ニキビの原因とメカニズム
■メモ
■ニキビは表面的な段階で治しましょう!
■実際にニキビ対策は?
■まとめ

ニキビの原因とメカニズム

 icon-book 1 角栓による毛穴の詰まり

■ニキビは毛穴の詰まりによって始まります。毛穴が詰まり、そこに皮脂が滞留して、肌表面に出来た吹き出物がニキビです

 icon-book 2 ニキビの段階

■ニキビには段階があります

・皮脂が溜まって吹き出物になった”白ニキビ
・皮脂が充満、押し出されて空気に触れ酸化して黒く見える”黒ニキビ
・毛穴内部でアクネ菌が増殖、好中球の過剰反応やサイトカインが産生され炎症を起こす”赤ニキビ

ここまでは皮膚表面に出来るニキビで、市販のクリームなどで対処できるレベルです。ですがこれ以上は皮膚科の治療が必要になります。さらに、クレーター状の跡が残ってしまえば皮膚科に行ってもキレイに治すのは難しくなります

・膿がたまることで黄色(または白)く見え、その周りは赤くなり、内部では化膿が真皮にまで達している”黄色ニキビ
・血と膿が混ざり紫色に腫れ上がる状態。結節や嚢胞と言われる”紫ニキビ

::ニキビには段階があり、初期段階ほどケアも簡単で、キレイに治る可能性が高いです。一番やってはいけないのは、自分で潰してしまう事。雑菌が入り、跡の残るような深刻な状態を招いてしまう危険があります

 icon-book 3 個人差

■皮膚の状態には個人差があります

ニキビケアは、ある人がニキビを治した方法を、自分がやったからといって良くなるとは限りません。その人により肌の状態や強さが違うからです

他の人のやり方は、完全に治るという観点から言えば、参考程度にしかなりません

クレーターなどの痕がになれば、皮膚科の専門医でも完全にキレイにするのは難しいのです。下手をすれば、十年単位でのケアが必要になります

■ニキビが出来やすい人

ニキビが出来やすい人は、ニキビが悪化しやすい体質だとも言えます。さらには、それが長期化するリスクも高いです

残念ですが、ニキビが出来やすい体質の人は、他の人よりもニキビに対してよりたくさんの労力を使う必要があります。とても不公平ですが、他の人と同じで良いという考えは捨てましょう

■完治は簡単ではない

市販のニキビ治療薬で簡単に治る人もいます。思春期を過ぎれば、何もしないで治っていたという人もいます。いや、そういう人が大半です

ですが皮膚の状態によってはニキビ跡が出来て、思春期を過ぎ、何十年もあとまで悩まされてしまうコトになります。ニキビは青春時代の吹き出物の1つと簡単に考えてしまいがちですが、人によってはかなり深刻な状態になってしまうのです

■顔

顔という一番目立つ場所に、ニキビやその跡がいつまでも残ってしまう。それは大変辛い事です。ニキビだと簡単に考えずに、ひどくなる前に適切なケアが必要なのです

 icon-book 4 食べ物

■肌表面ではなく、黄色ニキビ以降の深刻なニキビの場合

・クレーター状のニキビ痕などが残れば、皮膚科による治療も対処療法でしかなくなります。対処療法で良くなる人もいるでしょうが、完全にキレイにというと皮膚科の専門医でも困難になります

・対処療法ではなく、摂取する食べ物による体内部からのコントロールが必要かもしれません

■食べ物で、ニキビが出る

・ニキビになりやすい人は、これを食べるとニキビになるという食べ物が存在します。個人差はありますが、肉+卵+乳製品+お菓子などはニキビになりやすいようです。もちろんこれも個人差があります

::ただ、ニキビが出やすい人はこれらのものを食べて、ニキビが出やすいかの確認はしたほうがいいでしょう。これを食べるとニキビが出るひどくなるという食べ物が存在するならば、それは避けたほうがいいのです

::ニキビの出来やすい食べ物を避けて、最重要要因の『皮脂』の状態をコントロールする事が大切なのです。食べ物による『皮脂』のコントロールをした上で、皮膚科の専門医の対処療法を受けるようにしましょう

■内臓で決まる

・ニキビが出るかどうかは、その人の内臓に関係しているようです。皮膚は内臓の鏡と昔から言われています。皮膚に変化をもたらす病気を表現する、デルマドロームという言葉があるほどです。

・内臓が皮膚に影響を及ぼす以上、食べ物によってニキビが出来るのも当然だと言えます

・食べ物によって、皮脂の質をサラサラ量を少ない状態に保つ事が、悪化したニキビを改善する有力な方法なのです

 icon-book 5 ターンオーバー

・悪化してしまったニキビは長期戦です。短い期間で治るという考えは捨てましょう。触ってなんとかしようという考えも捨てましょう。皮膚にはターンオーバー(生まれ変わり)があります。健康な肌の人で28日と言われます

・皮膚のターンオーバーを考えると、悪化したニキビは1ヶ月単位で考える必要があります。長期戦です。短絡的な対処法や、顔の洗いすぎなど、無駄なあがきはやめて肌のために丁寧に労力を使っていきましょう

 icon-pencil メモ

 icon-caret-square-o-right 皮膚にはどんな働きがあるの?    icon-plus 

ニキビは表面的な段階で治しましょう!

 icon-exclamation-circle ニキビのケア方法


 icon-file-o 市販薬

ニキビ対策の薬は、たくさん市販されています。表面的なニキビの段階なら、市販されている薬で効果もあります。洗顔も泡でやさしくやさしく行いましょう

 icon-file-o 皮膚科での治療

状況がひどくなると、市販の薬も効果が見込めなくなります。皮膚科での抗生剤や、ビタミンによるサプリ、またはホルモン療法などをしていくことになるでしょう

ただそれも対処療法にしか過ぎません。あまりにひどくなってしまっては、お医者さんでも短期でキレイに治すことは不可能になります

ちなみにホルモン療法ですが、男性ホルモン優位から女性ホルモン優位にしていく治療です。男性ホルモンは女性にも存在し、皮脂分泌の増加、毛穴の収縮などを引き起こし、ニキビが出来やすい状態にさせます。女性ホルモンのエストロゲンに近い、イソフラボンを肌の内部に浸透させ、女性ホルモン優位に導きます。それがホルモン療法です

 icon-file-o ケミカルピーリング

肌に酸性の化学薬品を塗り、古い角質や毛穴の老廃物を取り除き、肌のターンオーバーを促す方法です
ニキビ自体には効果があるとされているものの、ニキビ痕までを治せるかは疑問です。さらに過去にケミカルピーリングによる炎症や腫れの報告が相次いだことから、ニキビの治療目的でケミカルピーリングが出来るのは、医師のみとなっています

 icon-file-o 食事

体が食べたもので出来ている以上、食事での皮脂コントロールがかなり重要です。ですが、個人差が非常に大きいのも事実です。なのでこれで大丈夫という食事があるわけではありません。ある人が良くても、違う人がやれば全く効果がないばかりか、悪化することも考えられます

ニキビが出やすい食べ物は避けて、体と対話しながら食材選びをしていくしかないようです

実際にニキビ対策は?

お悩みさん
何か手軽にニキビ対策ってできないの?

アドバイスさん
手軽ではないけれど、やはり食事から見直すのが一番でしょう

ニキビ商品としてはエクラシャルムを試してみてください。比較的軽度なニキビに有効な、保湿をしてくれる商品です

一番深刻な状態は、出来てしまったクレーター状のニキビ痕です。この場合、長期の治療や高額な治療費が必要となります
ですが、その前に試してほしい商品が Reproskin(リプロスキン) です。私が個人的に、意地悪な目でネットの評判を確認しました。が、リプロスキンに関しては、ネットでの評判も悪くありません。ただ、注意事項としてニキビ痕でなく、思春期ニキビの状態の人や敏感肌の人には向かない点。そして化粧水を導くための、化粧水の前に使うのが、リプロスキンだという点です

あくまでニキビが治った後の、ニキビ痕のための商品ということですね。そして化粧水ではなく、その前に使うものだという事です。そこさえ間違えなければ、なかなか効果的な商品のようです。一度試してはいかがでしょうか

まとめ

思春期に、肉+卵+乳製品+お菓子を食べてはいけないというのは、あまりにも残酷です。一番食べたい時期です。ニキビというのは、本当に残酷です。ただ、ニキビをなくす為、健康的な肌を取り戻す為の食事制限はどうしても必要な事でしょう

当然家族の協力も必要になります。そこは家族の助け合い、真価が問われる所です。協力してもらって、ニキビのない健康的な肌を取り戻しましょう!

ひどくなってしまった場合、皮膚科へ行くしかありません。それでもすぐに治るというものではないでしょう。個人差も大きいです。自分の肌に合った対応が必要です。ニキビは、なかなか厄介者なのです

☆ニキビ痕については、皮膚科の医師でも治すのは難しいようです。なので、食事療法とリプロスキンを試してみるコトをオススメします。個人差が大きな肌ですが、どちらか(もしくは両方)があなたに合う治療法かもしれません

☆ニキビは厄介者ですが、対策がないわけではありません。甘く考えすぎず、適切に丁寧に向き合っていきましょう!

以上、市販薬も効かない!ニキビの段階とはっ?ニキビ痕の治し方で試したい方法っ!でした!

-ニキビ
-, ,